To Page Top
ここからページコンテンツが開始します

西垣 潤一

西垣 潤一氏 名 西垣 潤一 (Jun-ichi NISHIGAKI)
職 位特任准教授
所 属首都大学東京 都市環境学部 分子応用化学コース
首都大学東京大学院 都市環境科学研究科 分子応用化学域
専門・研究分野

錯体化学、有機金属化学、ナノ化学(クラスター)

最終学歴・学位 理学博士 (名古屋大学)
研究テーマ

金触媒と酵素の相乗作用

研究キーワード

酵素・クラスター・金触媒・協同効果

研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績

論文

  • Chemically-Modified Gold Super Atoms and Superatomic Molecules.
    Jun-ichi Nishigaki, Kiichirou Koyasu, and Tatsuya Tsukuda
    Chem. Rec., in press.
  • A Twisted Bi-icosahedral Au25 Cluster Enclosed by Bulky Arenethiolates
    Jun-ichi Nishigaki, Seiji Yamazoe, Shinji Kohara, Akihiko Fujiwara,
    Wataru Kurashige, Yuichi Negishi, and Tatsuya Tsukuda
    Chem. Commun. 2014, 50(7), 839-841.
  • A New Binding Motif of Sterically Demanding Thiolate on a Gold Cluster
    Jun-ichi Nishigaki, Risako Tsunoyama, Hironori Tsunoyama, Nobuyuki Ichikuni, Seiji Yamazoe, 
    Yuichi Negishi, Mikinao Ito, Tsukasa Matsuo, Kohei Tamao, and Tatsuya Tsukuda
    J. Am. Chem. Soc. 2012, 134(35), 14295-14297.
  • Model Studies of Methyl CoM Reductase: Methane Formation via CH3-S Bond Cleavage of 
    Ni(I) Tetraazacyclic Complexes Having Intramolecular Methyl Sulfide Pendants
    Jun-ichi Nishigaki, Tsuyoshi Matsumoto, and Kazuyuki Tatsumi
    Inorg. Chem. 2012, 51(9), 5173-5187.
  • Coordination of Methyl Coenzyme M and Coenzyme M at Divalent and Trivalent Nickel 
    Cyclams: Model Studies of Methyl Coenzyme M Reductase Active Site
    Jun-ichi Nishigaki, Tsuyoshi Matsumoto, and Kazuyuki Tatsumi
    Inorg. Chem. 2012, 51(6), 3690-3697.
  • Coordination of Coenzyme M and Its Derivatives on NiII(tetraazacycle) Complexes:
    A Model for the Active Site of Methyl Coenzyme M Reductase
    Jun-ichi Nishigaki, Tsuyoshi Matsumoto, and Kazuyuki Tatsumi
    Eur. J. Inorg. Chem. 2010, 5011-5017.
  • メチル補酵素M還元酵素の反応モデル:Ni(I)錯体によるCH3-S結合の切断とメタン生成反応
    西垣潤一
    Bull. Jpn. Soc. Coord. Chem. 2010, 55, 105-107.

解説

  • ここまで来た!合金クラスターの精密合成
    西垣潤一・佃達哉
    月刊「化学」1月号 化学同人 2012年 70-71ページ
受 賞 第56回有機金属化学討論会ポスター賞
主な学会活動 日本化学会、ナノ学会、分子科学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
オフィスアワー 10:00~20:00
研究室 フロンティア研究棟 203室
内線番号 5563
メールアドレス jnishi@tmu.ac.jp
研究室サイト等 http://www.haruta-masatake.ues.tmu.ac.jp/
自己紹介・研究紹介

これまでの研究内容

①酵素活性中心のモデル錯体およびモデル反応の構築(名古屋大学・巽研究室)
 メチル補酵素M還元酵素の活性中心のモデルとなるN(I)サイクラム錯体を合成し、非常に高精度で酵素反応を再現することに成功した。

②かさ高い配位子を利用した新奇界面・構造を持つ金クラスターの合成(北大〜東大・佃研究室)
 かさ高い置換基を利用してクラスターの界面・立体を制御することによりこれまでにないタイプの界面を持つピラミッド型のクラスターや擬ハロゲン型のAu13 超原子からなる超原子-分子の合成に成功した。

③金触媒と酵素の相乗作用(首都大・春田研)
 金クラスターと酵素の触媒作用を組み合わせた新しい触媒種の開発を行っている。