To Page Top
ここからページコンテンツが開始します

秦 慎一

秦 慎一氏 名 秦 慎一 (Shinichi HATA)
職 位特任助教
所 属首都大学東京 都市環境学部 分子応用化学コース
首都大学東京大学院 都市環境科学研究科 分子応用化学域
専門・研究分野

コロイド・界面化学

最終学歴・学位

東京理科大学大学院 総合化学研究科 総合化学研究専攻
博士後期課程修了 博士(工学)

研究テーマ

低温で作用するNH3によるNOx還元触媒の開発

研究キーワード

ナノ粒子, 触媒, 金属酸化物

研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績

[査読付き論文]

  1. Shinichi Hata, Taku Omura, Keisuke Oshima, Yukou Du, Yukihide Shiraishi, Naoki Toshima, “Novel Preparation of Poly(3,4-ethylene dioxythiophene)-Poly(styrenesulfonate)-Protected Noble Metal Nanoparticles as Organic-Inorganic Materials for Thermoelectric Devices”, in press.
  2. Yukihide Shiraishi, Shinichi Hata, Yosuke Okawauchi, Keisuke Oshima, Hiroaki Anno, Naoki Toshima, “Improved Thermoelectric Behavior of Poly(3,4-ethylene dioxythiophene)-Poly(styrenesulfonate) using Poly(N-vinyl-2-pyrrolidone)-coated GeO2 Nanoparticles”, Chem. Lett., just accepted.
  3. Sho Kitano, Miho Yamauchi, Shinichi Hata, Ryota Watanabe, Masaaki Sadakiyo, “Hydrogenation of oxalic acid using light-assisted water electrolysis for the production of an alcoholic compound”, Green Chemistry, 18, 3700-3706, 2016.
  4. Shinichi Hata, Hiro Takahashi, Yutaka Takahashi, Yukishige Kondo, “Control of Dual Stimuli-Responsive Vesicle Formation in Aqueous Solutions of Single-Tailed Ferrocenyl Surfactant by Varying pH and Redox Conditions”, Journal of Oleo Science, 63, 239-248, 2014.
  5. Yutaka Takahashi, Yuki Yamamoto, Shinichi Hata, Yukishige Kondo, “Unusual viscoelasticity behaviour in aqueous solutions containing a photoresponsive amphiphile”, Journal of Colloid and Interface Science, 470, 370-374, 2013.
  6. Burcu S. Aytar, John P. E. Muller, Sharon Golan, Shinichi Hata, Hiro Takahashi, Yukishige Kondo, Yeshayahu Talmon, Nicholas L. Abbott, David M. Lynn, “Addition of ascorbic acid to the extracellular environment activates lipoplexes of a ferrocenyl lipid and promotes cell transfection”, Journal of Controlled Release, 157, 249–259, 2012.

[国際会議論文]

  1. Miho Yamauchi, Ryota Watanabe, Shinichi Hata, Sho Kitano, Masaaki Sadakiyo, Tatsuya Takeguchi. “Direct Power Charge and Discharge using the Glycolic Acid/Oxalic Acid Redox Couple toward Carbon-Neutral Energy Circulation”, ECS Trans., 75(43), 17-21 (2016).
受 賞
  1. 2011年12th Australia-Japan Colloid & Interface Science Symposium Poster Prize
  2. 2011年 色材協会研究発表会優秀ポスター賞
  3. 2010年 材料技術討論会口頭講演賞
主な学会活動 日本化学会、分子科学会
社会等との関わり
担当科目
オフィスアワー
研究室 フロンティア研究棟 201室
内線番号 5561
メールアドレス hata@tmu.ac.jp
研究室サイト等 http://www.haruta-masatake.ues.tmu.ac.jp/
個人サイト
自己紹介・研究紹介

これまでの研究

  1. 「新規界面活性剤の合成とその分子集合体の形態制御」(東京理科大学 近藤研究室)
  2. 「金属酸化物を電極触媒に用いたシュウ酸からのグリコール酸合成」(九州大学 山内研究室)
  3. 「金属ナノ粒子を複合した導電性高分子膜の有機熱電特性」(山口東京理科大学 白石研究室)