To Page Top
ここからページコンテンツが開始します

石田 玉青

石田 玉青氏 名 石田 玉青 (Tamao ISHIDA)
職 位特任教授
所 属首都大学東京大学院 都市環境科学研究科 分子応用化学域
専門・研究分野 固体触媒化学
最終学歴・学位 京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻博士課程修了・博士(工学)
研究テーマ 金触媒による有機反応開発
研究キーワード 金ナノ粒子・固体金属触媒・グリーンケミストリー
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
  1. “Formation of Gold Clusters on La–Ni Mixed Metal Oxides and Its Catalytic Performance for Isomerization of Allylic Alcohols to Saturated Aldehydes”, T. Ishida, J. Aimoto, A. Hamasaki, H. Ohashi, T. Honma, T. Yokoyama, K. Sakata, M. Okumura, M. Tokunaga, Chem. Lett. 2014, 43, 1368.
  2. “Promotional Effect of Au on Reduction of Ni(II) to form Au–Ni Alloy Catalysts for Hydrogenolysis of Benzylic Alcohols”, H. Nishikawa, D. Kawamoto, Y. Yamamoto, T. Ishida, H. Ohashi, T. Akita, T. Honma, A. Hamasaki, T. Yokoyama, M. Tokunaga, J. Catal. 2013, 307, 254.
  3. “Base-Free Direct Oxidation of 1-Octanol to Octanoic Acid and its Octyl Ester over Supported Gold Catalysts”, T. Ishida, Y. Ogihara, H. Ohashi, T. Akita, T. Honma, H. Oji, M. Haruta, ChemSusChem 2012, 5, 2243.
  4. “Support Effects of Metal Oxides on Gold-Catalyzed One-Pot N-Alkylation of Amine With Alcohol”, T. Ishida, R. Takamura, T. Akita, T. Takei, M. Haruta, Appl. Catal. A: Gen. 2012, 413–414, 261.
  5. “N-Formylation of Amines via the Aerobic Oxidation of Methanol over Supported Gold Nanoparticles”, T. Ishida, M. Haruta, ChemSusChem 2009, 2, 538.
  6. Deposition of Gold Clusters on Porous Coordination Polymers by Solid Grinding and Their Catalytic Activity in Aerobic Oxidation of Alcohols, T. Ishida, M. Nagaoka, T. Akita, M. Haruta, Chem. Eur. J. 2008, 14, 8456.
受 賞
主な学会活動 日本化学会、触媒学会、有機合成化学協会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
オフィスアワー
研究室 フロンティア研究棟 203室
内線番号 5563
メールアドレス tamao@tmu.ac.jp
研究室サイト等 http://www.haruta-masatake.ues.tmu.ac.jp/
自己紹介・研究紹介

これまでの研究

  1. π共役系高分子の合成 (京都大学 中條研究室)
  2. 高分子担持金ナノ粒子・金クラスター触媒の開発 (首都大学東京 春田研究室)
  3. 固体金属触媒を用いた有機反応 (九州大学 徳永研究室)
  4. 金ナノ粒子・金クラスター触媒を用いた有機反応 (首都大学東京 春田研究室)