To Page Top
ここからページコンテンツが開始します

東京都立大学 水素エネルギー社会構築推進研究センター(ReHES)の村山グループのホームページです。本グループの前身は、金の化学研究センター(2012年12月設立)です。

20世紀まで金にはケミストリーが乏しいとされてきましたが、春田 名誉教授(金の化学研究センター 初代センター長)の30余年に渡る研究により、金にも豊かな触媒作用が存在することが明らかになってきました。バルク(塊)の金は化学的に不活性ですが、直径が2-5 nmの非常に小さなナノ粒子になると、常温での有害物質の酸化分解、選択的な酸素酸化や水素化による化成品の合成など、環境と調和した化学プロセスの開拓が可能になります。さらに、直径2 nm以下のクラスターにすることにより、触媒性能が劇的に変化する特異な反応を探索しています。前身の金の化学研究センターでは、触媒作用以外にも視点を広げ、金の新しい化学を切り拓くという目的で設立され、2020年11月に終了しました。

2020年12月よりReHESの一員となり、これまでの研究テーマである「金の科学と環境の化学」と共に、近未来に重要な位置付けとなる「水素の効率的な利用」を目的に研究を行います。金ナノ粒子触媒においても、CO-PROX(水素リッチ条件におけるCOの選択酸化)、WGS(水性ガスシフト反応)、CO2還元によるメタノール選択合成が報告されております。金クラスターの立体構造解析と表面化学特性、資源・エネルギーを無駄に使わず余計な副産物を作らないシンプルケミストリーを目指した研究を行っています。

Contact

村山 徹
東京都立大学大学院 都市環境科学研究科附属 水素エネルギー社会構築推進研究センター
〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1,10号館(栄養・食品科学/生体機械工学研究棟) 205室
Project Prof. Toru MURAYAMA
Research Center for Hydrogen Energy-based Society (ReHES),
Graduate School of Urban Environmental Sciences, Tokyo Metropolitan University
1-1 Minami-osawa, Hachioji, Tokyo 192-0397, Japan
Phone & FAX: +81-42-677-2360 E-mail: murayama@tmu.ac.jp